ウーマン

専門性の働き方

履歴書

需要が高くなっている

施工管理技士は国家資格を必要とする仕事です。そのため、施工管理の国家資格を取得したら、それを一生の仕事にしていきたいと考える人も多くなっています。しかし建設現場や工事現場では、常に施工管理の仕事ができるというわけではありません。工事受注の状況や需要の変化によってそれ以外の仕事も当然しなければならないのです。サラリーマンとして会社に所属する以上の宿命でもあるのです。施工管理技士としてその仕事だけを継続することを希望するのであれば、派遣社員として登録しておくことも一つの方法です。国家資格を有している経験者であれば、時給など報酬も期待することもできます。需要が高まっている今、新規採用しようとしても人材を確保する事が難しいのです。

スキル向上には最適

そのため派遣社員の需要に注目が集まっているのです。期間限定で採用することができるなどのメリットも持っているのです。働く側としても派遣社員であれば、施工管理以外の仕事をさせられる心配もないため、安心してやりたい仕事を続けることができます。もちろん今後の施工管理に関する需要などにも大きく影響されるため、雇用の安定性について100パーセント保証することはできません。しかし会社員であってもこの保証はなくなっている現在の状況を鑑みると社員も派遣社員も大差はなくなっているのが現実です。専門性のスキルを向上することによってその単価を向上させることができるメリットもあります。大手の会社など一度経験してみたいと思う事にチャレンジできるメリットもあります。